2020年12月


ドラマ「35歳の少女」の
第10話・最終回の視聴率が出ました。


その視聴率は 9.7%。


前回より 2.5% の
アップとなりました!


今までの視聴率の推移はというと、

  1話目:11.1%
  2話目: 9.6%
  3話目:10.0%
  4話目: 9.1%
  5話目: 9.4%
  6話目: 7.6%
  7話目: 7.7%
  8話目: 9.3%
  9話目: 7.2%
 10話目: 9.7%


平均視聴率は 9.07%。


最終回では残念ながら
最高視聴率達成、並びに2桁視聴率達成とは
なりませんでした。


でも内容はとてもおもしろかったですね。


柴咲コウさんの演技が最高でした。


また柴咲コウさん出演のドラマが
見たいですね。^^


ドラマ「35歳の少女」の
関連商品はこんなところで売られています。

・楽天市場
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す

・Amazon (アマゾン)
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す



ドラマ「35歳の少女」の
第9話の視聴率が出ました。


その視聴率は 7.2%。


前回より 2.1% の
大幅ダウンとなりました。


今までの視聴率の推移はというと、

  1話目:11.1%
  2話目: 9.6%
  3話目:10.0%
  4話目: 9.1%
  5話目: 9.4%
  6話目: 7.6%
  7話目: 7.7%
  8話目: 9.3%
  9話目: 7.2%


平均視聴率は 9.00%。


それでは来週12月12日土曜日、日本テレビ系列
夜10時放送の「35歳の少女」の
第10話・最終回のあらすじは、


多恵(鈴木保奈美)を亡くした喪失感に沈む
望美(柴咲コウ)は、実家に住むと決意。


一緒に暮らす愛美(橋本愛)は
仕事の誘いに心が揺れます。


今村家では、進次(田中哲司)と
達也(竜星涼)が、ある決意を胸に
食卓を囲んでいました。


一方、教師として無力さを
感じる結人(坂口健太郎)は、
退職願を手に最後の授業に臨みます。


それぞれが生き方を模索する中、
望美は旧友の結婚式で結人と久々の
再会を果たし。。。


というような内容に。


9話目で最低視聴率を
更新してしまいましたね。


そして次回はいよいよ最終回です。


1話目の 11.1% という視聴率が
非常に遠く感じますね。。。


次回最終回の内容とその視聴率に
期待しておきましょう。^^;


ドラマ「35歳の少女」の
関連商品はこんなところで売られています。

・楽天市場
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す

・Amazon (アマゾン)
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す


↑このページのトップヘ