カテゴリ: ドラマ 35歳の少女 視聴率 ネタバレ あらすじ


ドラマ「35歳の少女」の
第10話・最終回の視聴率が出ました。


その視聴率は 9.7%。


前回より 2.5% の
アップとなりました!


今までの視聴率の推移はというと、

  1話目:11.1%
  2話目: 9.6%
  3話目:10.0%
  4話目: 9.1%
  5話目: 9.4%
  6話目: 7.6%
  7話目: 7.7%
  8話目: 9.3%
  9話目: 7.2%
 10話目: 9.7%


平均視聴率は 9.07%。


最終回では残念ながら
最高視聴率達成、並びに2桁視聴率達成とは
なりませんでした。


でも内容はとてもおもしろかったですね。


柴咲コウさんの演技が最高でした。


また柴咲コウさん出演のドラマが
見たいですね。^^


ドラマ「35歳の少女」の
関連商品はこんなところで売られています。

・楽天市場
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す

・Amazon (アマゾン)
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す



ドラマ「35歳の少女」の
第9話の視聴率が出ました。


その視聴率は 7.2%。


前回より 2.1% の
大幅ダウンとなりました。


今までの視聴率の推移はというと、

  1話目:11.1%
  2話目: 9.6%
  3話目:10.0%
  4話目: 9.1%
  5話目: 9.4%
  6話目: 7.6%
  7話目: 7.7%
  8話目: 9.3%
  9話目: 7.2%


平均視聴率は 9.00%。


それでは来週12月12日土曜日、日本テレビ系列
夜10時放送の「35歳の少女」の
第10話・最終回のあらすじは、


多恵(鈴木保奈美)を亡くした喪失感に沈む
望美(柴咲コウ)は、実家に住むと決意。


一緒に暮らす愛美(橋本愛)は
仕事の誘いに心が揺れます。


今村家では、進次(田中哲司)と
達也(竜星涼)が、ある決意を胸に
食卓を囲んでいました。


一方、教師として無力さを
感じる結人(坂口健太郎)は、
退職願を手に最後の授業に臨みます。


それぞれが生き方を模索する中、
望美は旧友の結婚式で結人と久々の
再会を果たし。。。


というような内容に。


9話目で最低視聴率を
更新してしまいましたね。


そして次回はいよいよ最終回です。


1話目の 11.1% という視聴率が
非常に遠く感じますね。。。


次回最終回の内容とその視聴率に
期待しておきましょう。^^;


ドラマ「35歳の少女」の
関連商品はこんなところで売られています。

・楽天市場
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す

・Amazon (アマゾン)
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す



ドラマ「35歳の少女」の
第8話の視聴率が出ました。


その視聴率は 9.3%。


前回よりさらに 1.6% の
アップとなりました!


今までの視聴率の推移はというと、

  1話目:11.1%
  2話目: 9.6%
  3話目:10.0%
  4話目: 9.1%
  5話目: 9.4%
  6話目: 7.6%
  7話目: 7.7%
  8話目: 9.3%


平均視聴率は 9.23%。


それでは来週12月5日土曜日、日本テレビ系列
夜10時放送の「35歳の少女」の
第9話のあらすじは、


望美(柴咲コウ)は
多恵(鈴木保奈美)が倒れたことに
衝撃を受けつつも、


愛美(橋本愛)と進次(田中哲司)に任せて
病院を後にします。


多恵の望みを知った愛美は望美を説得するのですが、
別人のような望美と言い争いに。


多恵の一件に責任を感じる結人(坂口健太郎)は、
望美に対しても何もできず、
仕事や実家の問題にぶち当たります。


そんな中、進次は今の家族を何とかしようと
達也(竜星涼)の部屋に突入し。。。


というような内容に。


8話目でようやく視聴率が9%代に
復帰しましたね。


残すところおそらくあと2話。


1話目の11.1%という
最高視聴率を突破してのフィニッシュと
なるかもしれませんね。


変わってしまった望美(柴咲コウ)は、
はたして元の望美に戻るのかどうか。


次回の内容とその視聴率に注目ですね。^^


ドラマ「35歳の少女」の
関連商品はこんなところで売られています。

・楽天市場
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す

・Amazon (アマゾン)
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す



ドラマ「35歳の少女」の
第7話の視聴率が出ました。


その視聴率は 7.7%。


前回より 0.1% の
アップとなりました!


今までの視聴率の推移はというと、

  1話目:11.1%
  2話目: 9.6%
  3話目:10.0%
  4話目: 9.1%
  5話目: 9.4%
  6話目: 7.6%
  7話目: 7.7%


平均視聴率は 9.21%。


それでは来週11月28日土曜日、日本テレビ系列
夜10時放送の「35歳の少女」の
第8話のあらすじは、


望美(柴咲コウ)は姿を消し、
音信不通の状態に。


再び教師になったものの、
学校の教育方針になじめず悩む結人(坂口健太郎)は、


望美の手掛かりを求めて
愛美(橋本愛)に連絡を取ります。


愛美は夢を諦め、代行業を始めていました。


多恵(鈴木保奈美)は家を売りに出し、
加奈(富田靖子)と話ができない進次(田中哲司)は
達也(竜星涼)の無茶な行動に大慌て。


そんな中、望美の意外な居場所が
判明するのですが。。。


というような内容に。


なんとかほんの少しだけ
視聴率がアップしましたね。


残すところおそらく後3話ほど。


このまま上昇していくのか
それとも下降していくのか。。。


次回の内容とその視聴率に
注目しておきましょう。^^;


ドラマ「35歳の少女」の
関連商品はこんなところで売られています。

・楽天市場
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す

・Amazon (アマゾン)
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す



ドラマ「35歳の少女」の
第6話の視聴率が出ました。


その視聴率は 7.6%。


前回より 1.8% の
ダウンとなりました。


今までの視聴率の推移はというと、

  1話目:11.1%
  2話目: 9.6%
  3話目:10.0%
  4話目: 9.1%
  5話目: 9.4%
  6話目: 7.6%


平均視聴率は 9.47%。


それでは来週11月21日土曜日、日本テレビ系列
夜10時放送の「35歳の少女」の
第7話のあらすじは、


望美(柴咲コウ)は
喧嘩別れしてしまった家族のことが
内心気になりつつも、


これからは結人(坂口健太郎)のために
生きようと決めます。


しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、
結人は家族とは縁を切ったと濁します。


一方、家庭内別居状態が続く進次(田中哲司)は、
加奈かな(富田靖子)から離婚届を突きつけられます。


さらに、謎の大金を手にした達也(竜星涼)は
本当の父親に会いに行ったと言います。


そしてデザイナーとして就職先の
見つからない愛美(橋本愛)は、


鉢合わせた相沢(細田善彦)と
藤子ふじこ(大友花恋)から結婚の報告を
受けて荒れていて。。。


というような内容に。


6話目で視聴率が大きく落ち
最低視聴率を更新してしまいました。


これからドラマも終盤に入るので
内容はおもしろくなって
いくのではないかと思います。


なんとか2桁視聴率に戻してほしいですね。^^


次回の内容とその視聴率に期待です。^^


ドラマ「35歳の少女」の
関連商品はこんなところで売られています。

・楽天市場
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す

・Amazon (アマゾン)
 ⇒ ドラマ「35歳の少女」に関連する商品を探す


↑このページのトップヘ