カテゴリ: ドラマ Missデビル 人事の悪魔 椿眞子 視聴率 ネタバレ あらすじ



ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の

第10話・最終回の視聴率が出ました。





その視聴率は 9.3%。





前回より 1.8% の

アップとなりました!





今までの視聴率の推移はというと、



  1話目:9.6%

  2話目:8.1%

  3話目:8.8%

  4話目:6.8%

  5話目:7.2%

  6話目:9.3%

  7話目:7.8%

  8話目:7.6%

  9話目:7.5%

 10話目:9.3%





平均視聴率は 8.24%。





1話目の 9.6% という最高視聴率を

抜くことはできませんでしたが、





それでも2番目に良い視聴率でフィニッシュ。





菜々緒さんの演技もこれまでにない感じだったので

良かったのではないでしょうかね。





菜々緒さんのクールな演技が

これ以降増えそうですね。^^





またクールな演技が見えることを

期待しておきましょう。^^





ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の関連商品は

こんなところで売られています。



・楽天市場

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す



・Amazon (アマゾン)

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す








ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の

第9話の視聴率が出ました。





その視聴率は 7.5%。





前回よりさらにさらに 0.1% の

ダウンとなりました。





今までの視聴率の推移はというと、



  1話目:9.6%

  2話目:8.1%

  3話目:8.8%

  4話目:6.8%

  5話目:7.2%

  6話目:9.3%

  7話目:7.8%

  8話目:7.6%

  9話目:7.5%





平均視聴率は 8.12%。





それでは次回6月16日土曜日、日本テレビ系列

夜10時放送の「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の

第10話・最終回のあらすじは、





眞子(菜々緒)と博史(佐藤勝利)を前に、

大沢(船越英一郎)は16年前の偽装は認めたものの、

悪びれもせず渡米します。





マスコミは秘書・瑞希(瀬戸さおり)の逮捕に続き、

大沢も海外逃亡したと騒ぎ立て、

「共亜火災保険」の株価は急降下。





退職者も出始めました。





意識が戻らぬ喜多村(西田敏行)の病室を抜け、

緊急取締役会に出席した千紘(木村佳乃)は、





副社長の横山(遠山俊也)と別企業の

CEO・曽我部(堀部圭亮)との間で出資話が

進められていると知ります。





意見を求めた千紘に、眞子は実質的な「乗っ取り」だと

断言するのですが。。。





というような内容に。





またまた視聴率が落ちてしまいましたね。





次回はとうとう最終回。





1話目の9.6%を抜けるかどうか、

そこが注目点になりそうです。





ドラマの内容も気になりますね。





最後はどうなるでしょうか。





大どんでん返しを期待しています。^^;





ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の関連商品は

こんなところで売られています。



・楽天市場

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す



・Amazon (アマゾン)

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す








ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の

第8話の視聴率が出ました。





その視聴率は 7.6%。





前回よりさらに 0.2% の

ダウンとなりました。





今までの視聴率の推移はというと、



  1話目:9.6%

  2話目:8.1%

  3話目:8.8%

  4話目:6.8%

  5話目:7.2%

  6話目:9.3%

  7話目:7.8%

  8話目:7.6%





平均視聴率は 8.20%。





それでは次回6月9日土曜日、日本テレビ系列

夜10時放送の「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の

第9話のあらすじは、





出社した博史(佐藤勝利)は、

調査会社の縣(大高洋夫)が殺され、





警視庁の刑事・一之瀬らが聞き込みに

来ていると知ります。





前夜、自身の父親の件を博史に明かした眞子(菜々緒)は、

直後、ナイフを手に襲い掛かった縣に反撃。





博史には帰るよう促しました。





眞子の事件への関与を疑い、

博史は動揺を隠せません。





一方、一之瀬らは縣を知る千紘(木村佳乃)、

大沢(船越英一郎)、喜多村(西田敏行)、

そして修(鶴見辰吾)にも事情聴取を行うのですが。。。





というような内容に。





ドラマも佳境を向かえ、

いろいろと秘密が暴露されてきましたね。





おもしろくなってきました。





次回の展開に超期待です。^^





ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の関連商品は

こんなところで売られています。



・楽天市場

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す



・Amazon (アマゾン)

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す








ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の

第7話の視聴率が出ました。





その視聴率は 7.8%。





前回より 1.3% の

ダウンとなりました。





今までの視聴率の推移はというと、



  1話目:9.6%

  2話目:8.1%

  3話目:8.8%

  4話目:6.8%

  5話目:7.2%

  6話目:9.3%

  7話目:7.8%





平均視聴率は 8.28%。





それでは次回6月2日土曜日、日本テレビ系列

夜10時放送の「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の

第8話のあらすじは、





眞子(菜々緒)から「社長室秘書」としての

研修を命じられた博史(佐藤勝利)は、





先日、父・修(鶴見辰吾)が来社していたのは、

社長の大沢(船越英一郎)に会うためだったと

聞かされ、混乱します。





千紘(木村佳乃)は、これまでの博史の研修の経緯から、

眞子が社長室が抱える問題にも気付いているとにらみ、

眞子に直接疑問をぶつけます。





一方、眞子の正体を調べ上げた喜多村(西田敏行)は、

会長秘書の柴崎(猪野学)に、内密にするよう

念を押すのですが。。。





というような内容に。





どうやら眞子(菜々緒)の過去が判明し、

正体がばれてきましたね。





眞子(菜々緒)の本当の目的は何なのか?





そして、社長(船越英一郎)と会長(西田敏行)は

何を隠しているのか?





これからどのような展開になるのか

気になりますね。





次回のドラマ内容に注目です。^^





ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の関連商品は

こんなところで売られています。



・楽天市場

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す



・Amazon (アマゾン)

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す








ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の

第6話の視聴率が出ました。





その視聴率は 9.3%。





前回よりさらに 2.1% の

大幅アップとなりました!





今までの視聴率の推移はというと、



  1話目:9.6%

  2話目:8.1%

  3話目:8.8%

  4話目:6.8%

  5話目:7.2%

  6話目:9.3%





平均視聴率は 8.36%。





それでは次回5月26日土曜日、日本テレビ系列

夜10時放送の「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の

第7話のあらすじは、





眞子(菜々緒)が博史(佐藤勝利)に告げた次の研修先は、

営業・契約・サービスの作業を一本化し、





顧客の利便性を向上させた注目部署「CFD」で、

リーダーは甘露寺(袴田吉彦)です。





そんな中、博史を指導する里中(永岡佑)が

過労で倒れ、妻・梨花子(深谷美歩)は、

帰宅しない日々が続いていると話します。





実は、膨大な仕事量をこなすこのCFDで、

定時出退勤が守られている「秘密」を

博史に探らせるのが眞子の狙いで。。。





というような内容に。





視聴率が大きく戻ってきましたね。





これで最高視聴率である1話目の 9.6% に

あと 0.3% に迫りました。





このドラマはおもしろいし、





このまま視聴率を伸ばして

2桁視聴率となってほしいですね。





次回の視聴率に期待しておきましょう。^^





ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の関連商品は

こんなところで売られています。



・楽天市場

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す



・Amazon (アマゾン)

 ⇒ ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に関連する商品を探す






↑このページのトップヘ